産経ニュース

核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状

WIRED WIRED

記事詳細

更新


核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状

 プーチン大統領は、新学年度を迎えるロシア国内の1万6,000校に向けて「人工知能の分野でリーダーになる者が世界の統治者になる」と述べた。米・中・露間で繰り広げられる競争の激化を紹介。

PHOTO: GETTYIMAGES

「人工知能はロシアだけでなく、全人類にとっての未来だ。この分野のリーダーになる者が世界の統治者になる」。2017年9月1日(現地時間)、ロシア国内の選ばれた1万6,000校に配信されたライヴ動画で、プーチン大統領はそう述べた。

これは、人工知能(AI)が担うこれからの軍事力をめぐる競争、とくにロシアと中国、米国間で繰り広げられている競争の激化を示す兆しだといえる。

関連記事AIは「第2の核兵器」になるかもしれない--「自動化された戦争」を避けるためにすべきこと(2017.09.10)

AIによる国防を明言する中米露

これら3カ国は、それぞれ「インテリジェントマシン」は国家安全保障の未来に不可欠だと公言してきた。諜報資料を精査できるソフトウェアや、自律型のドローンや陸上車両といった技術は、人間の兵士の力を拡大する手段と目されている。

無党派シンクタンク「新アメリカ安全保障センター(Center for a New American Security:CNAS)」のフェロー、グレゴリー・C・アレンは、次のように話している。

「米国とロシア、中国の3カ国は、AIは将来、国力を支える主要技術になるということで意見が一致しています」

国家情報長官室(ODNI)に依頼された最新報告書のなかで、アレンらは、AIは核兵器と同レヴェルの影響力で安全保障上のバランスを一新する可能性があると結論づけている[日本語版記事]。

続きを読む

このニュースの写真

  • 核に代わる「人工知能の軍事利用」、米中露3国の開発レースの現状