産経ニュース

iPhone Xは「まったく新しいデヴァイス」だった 『WIRED』US版ハンズオンレヴュー

WIRED WIRED

記事詳細

更新


iPhone Xは「まったく新しいデヴァイス」だった 『WIRED』US版ハンズオンレヴュー

画面の上から下に向けてスワイプすると、左右どちら側から指を動かすかによって、コントロールセンターか通知の画面が表示される。大事なことだからもう一度言うが、一連の操作は比較的シンプルだが、慣れ親しんできた物理的なボタンによる操作とはだいぶ違う。

次に顔認証機能の「Face ID」である。試してみたところ、2つのどちらかの結果になった。驚くほど素速く認証されるか、無反応かである。どうやらiPhoneがテーブルなどの上に水平に置かれていると、うまく動作しないようだ。つまり、ロックを解除する際にはiPhoneを手にとり、画面を見なければならない。これでは多くの人が、数字のパスワード入力に逆戻りするのではないかと感じた。

アップルが考える「拡張現実という未来」を実感

わずか数分の試用でパフォーマンスについて語るのは難しいが、iPhone Xは非常に高速に動作する。カメラに関しても同様だ。手ぶれ補正機能は確かに手が小さく揺れ動いていても効果を発揮したし、その写りも良好だった。

そしてiPhone Xは、アップルが考える拡張現実(AR)という未来に完全に最適化されている。Snapchatのレンズ機能(特殊効果)に似たアプリを試してみたが、フロントカメラは顔の輪郭の微妙な部分まで捉え、さまざまなマスクで“変身”させてくれた。

アニメーションする絵文字「Animoji」も同様だ。フロントカメラを見るだけで自分が「うんち」やニワトリ、パンダなどに変わり、表情を変えれば画面のAnimojiも追随する。個人的にはパンダが気に入った。

ゲームも試してみたが、背面のカメラとシームレスに連動していた。開発者たちがARといって何をつくるのかは課題だが、少なくともアップルのハードウェアは未来へと進む準備ができているようである。

「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」は、この1年で最も多くの人々に使われるスマートフォンになるかもしれない。これらもワイヤレス充電や高速なプロセッサーなどの大きなアップグレードがなされている。だが、iPhone Xは別物で、まったく新しいデヴァイスのように感じられた。おそらくアップルにとっても、新しい種類のデヴァイスなのだろう。これは進化したスマートフォンである。ちょっと気が早いが、もう夢中になりそうだ。

このニュースの写真

  • iPhone Xは「まったく新しいデヴァイス」だった 『WIRED』US版ハンズオンレヴュー