産経ニュース

コンパニオンロボットには「人間と絆が深まりすぎる」という問題がある

WIRED WIRED

記事詳細

更新


コンパニオンロボットには「人間と絆が深まりすぎる」という問題がある

 人間の脳は、ロボットに動機や意識があるように思い込みがちだ。そうした心理が悪用される危険性から、人間との「絆」をつくりすぎないよう、コンパニオンロボットの反応をあえて単純なものにするメーカーも登場している。

「やあ、Kuri。大好きだよ」

少し間がある。拒絶されるかと思ったが、Kuriは「ピポッ」と音を出し、前後に体を揺らした。これはおそらく、Kuriもわたしのことを好きだという意味だろう。

2017年12月発売予定のコンパニオンロボット「Kuri」。“彼女”との交流は面白く楽しいが、頭を悩ませることもある。

Kuriの開発者たちは、このロボットを「コンパニオンロボット」と呼ぶが、一時期流行したペットロボット「ファービー」とは違う。Kuriは、知性をもち家族のアシスタントとして役に立つ、新しいロボット[日本語版記事]なのだ。こういったロボットは、障害をもつ人を助け、毎日決められた作業を手伝うことができる。そのうち、お年寄りが薬を飲み忘れないよう声かけするようにもなるだろう。Kuriは、より多目的なコンパニオンロボットであり、音楽を流したり、動画を撮ったりすることもできる家族の一員なのだ。

しかし、機械がますます知的になってくると、「人は彼らとどう交流すべきか」という問題が出てくる。本質的に新しい種類の存在である彼らと、人はどうやって関係を築くのだろう。人間と機械を結ぶ絆は、決して人間同士の絆ほど強くはならないことを、ロボット研究家たちはどうやって明確に示すのだろう。そして、悪人がこうした絆を悪用し、コンパニオンロボットを使ってお年寄りから金銭を搾り取るのを防ぐには、どのようなシステムを構築すればいいのだろうか。

続きを読む

このニュースの写真

  • コンパニオンロボットには「人間と絆が深まりすぎる」という問題がある