産経ニュース

自分の傷を自分で“治す”--自己修復機能のあるロボット、ベルギーの大学が開発

WIRED WIRED

記事詳細

更新


自分の傷を自分で“治す”--自己修復機能のあるロボット、ベルギーの大学が開発

 ダメージを受けたら、自ら傷口を塞ぎ修復する。そんな生き物のようなロボットが、実現に一歩近づいた。ベルギーの研究者たちが特殊なポリマーを使って開発したのは、自己修復機能のあるソフトロボットだ。

人間を突き刺して穴を開けてみると、驚くべきことが起こる。まずきみは刑務所へ行くことになる。その間、傷は感染しないよう自らを保護しながら失った組織を補完し、自己修復してしまう。

一方、ロボットに穴を開けてみても、修理の長い夜が待っているだけだ。機械はわれわれより強靭かも知れないが、生死にかかわる重大な能力を欠いている。

しかし、それも過去の話だ。ベルギーのブリュッセル自由大学の研究チームは『Science Robotics』で、ぐにゃぐにゃした自己回復能力のあるロボットを開発したことを報告した。切り傷をつくり、熱を当ててからまた冷ますと、傷が自己回復するのだ。自己回復物質そのものは目新しいものではないが、いわゆるソフトロボティクスへの応用は大きな出来事である。

GIF COURTESY OF SEPPE TERRYN, SCIENCE ROBOTICS

次のステップは、傷の場所の把握

ぐにゃりと変形するロボットをつくるために、研究チームはエラストマーという弾性のあるポリマーを使った。エラストマーの組織は、ディールス・アルダー反応でつながっている。このつながりは熱せられることで壊れ、冷やされることでまた形成される。

「顕微鏡レヴェルでなら、ギャップを塞ぐのに十分なほどの流動性があります」と、論文の第一著者である電気機械工学者セップ・テリンはいう。「温度を再び下げれば、網状組織全体が再形成されます」

続きを読む

このニュースの写真

  • 自分の傷を自分で“治す”--自己修復機能のあるロボット、ベルギーの大学が開発