産経ニュース

風力発電所のハッキングはあまりに簡単だった--米大学の侵入テストで判明

WIRED WIRED

記事詳細

更新


風力発電所のハッキングはあまりに簡単だった--米大学の侵入テストで判明

 風力発電所のハッキングは、そのほかの発電所と比べて実に簡単であることが、米タルサ大学の調査によって判明した。大量の風力発電タービンを停止させたり、損傷させることが簡単な操作だけで可能だという。その原因はセキュリティ対策の甘さだけでなく、風力発電所特有の問題にあるという。

2016年の夏の終わりのある晴れた日のことだった。米国中部の風が強い地域にある広大なトウモロコシ畑に、タルサ大学の研究者2名が姿を見せた。全長300フィート(約91.4m)もある巨大な回転翼の土台にある、エレヴェーターほどの大きさの部屋に足を踏み入れた彼らは、鉄製の扉をロックしていたシンプルなピンタンブラー錠(シリンダーキーの一種)を1分以内に解錠した。そして、何の安全対策も施されていないサーヴァークローゼットを開けた。

オクラホマ出身で背の高い28歳のジェイソン・スタッグスは、サーヴァーからネットワークケーブルを取り外し、そのケーブルをトランプのカードほどの小さなコンピューター「Raspberry Pi」に差し込んだ。このRaspberry PiにはWi-Fi機能が搭載されている。

彼はRaspberry Piのスイッチを入れると、風力発電のタービンを制御するコントローラーの空きポートに別のネットワークケーブルを接続した。そして2人の男は建物の扉を閉め、畑の砂利道を走ってきた白いヴァンのところまで歩いて戻った。

スタッグスはクルマに乗り込むと、MacBook Proを開いて風力タービンを見上げた。巨大な白い回転翼が、まるで何かに操られているかのように回っている。彼がパソコンにコマンドを入力すると、この畑にあるネットワークに接続されたすべてのタービンを示すIPアドレスのリストが表示された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 風力発電所のハッキングはあまりに簡単だった--米大学の侵入テストで判明