産経ニュース

北朝鮮のハッカー集団が、サイバー攻撃を世界中で繰り広げる「合理的な理由」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


北朝鮮のハッカー集団が、サイバー攻撃を世界中で繰り広げる「合理的な理由」

 米大手映画会社へのハッキング、バングラデシュ中央銀行へのサイバー強盗、世界を騒がせたランサムウェア「WannaCry」--。北朝鮮によるとみられている一連のハッカー攻撃は、なぜ無秩序で一貫性がないように見えるのか。それには実は「合理性」があるのだという。その実体に迫った。

PHOTO: Bill Hinton/GETTY IMAGES

北朝鮮が、この地球上で最も謎に満ちた国であることはほぼ間違いない。同国政府が主導するハッカー集団も謎だらけだ。

彼らが世界的に展開するサイバー攻撃は、北朝鮮政府と同じくらい一貫性がなく不可解なものである。彼らは奇妙な偽装団体や架空の恐喝組織の陰に隠れている。そして、デジタル上で不当な行為を行い、莫大な金額を盗み出している。そういった手口は、政府所属のサイバースパイというよりは、組織犯罪集団が常習的につかうものだ。

2017年5月に全世界を騒がせたランサムウェア「WannaCry(ワナクライ)」で攻撃をしかけたのは北朝鮮のハッカーだと考えられている。WannaCryの無差別攻撃で世界中が危機に見舞われたが、北朝鮮がそれによって明確なメリットを得たというわけではない。

米朝間の緊張が高まりを見せるなか、北朝鮮のハッカーを監視するサイバーセキュリティの専門家や外交問題のアナリストたちは、こう考えている。北朝鮮の最高指導者である金正恩の配下にあるデジタル軍隊を、矛盾だらけの不合理な集団として切り捨てるのは賢明ではないと--と。

役立たずの外交専門家たちはすでに一度、北朝鮮の初期の軍事的挑発を無視する過ちを犯している。北朝鮮は、核の脅威をちらつかせてきたのと同じようにサイバー攻撃を利用している、とアナリストたちは警鐘を鳴らす。北朝鮮のハッカー集団は、金正恩政権全体と同様に、死に物狂いで、厚かましく、無能でありながらも、目的の追求においては抜け目なく論理的だというのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮のハッカー集団が、サイバー攻撃を世界中で繰り広げる「合理的な理由」