産経ニュース

空飛ぶタクシーがビルからビルへ…2045年にやってくる「電気飛行機」の時代 その実現に向けたシナリオとは

WIRED WIRED

記事詳細

更新


空飛ぶタクシーがビルからビルへ…2045年にやってくる「電気飛行機」の時代 その実現に向けたシナリオとは

 空飛ぶタクシーが高層ビルから高層ビルへと飛び回るような未来。電気飛行機が空を飛ぶために重要なのは、重さとエネルギー密度である。それが克服され、電気飛行機の時代はシンギュラリティとうたわれる「2045年」に現実のものとなると予測される。その実現に向けたシナリオとは--。

PHOTOGRAPH COURTESY OF LILIUM AVIATION

飛行機の未来について考えたとき、どんな未来の飛行ヴィジョンにおいても、電気飛行機を思い浮かべるだろう。空飛ぶタクシーが高層ビルから高層ビルへと飛び回り、飛行機が静かに大海原をクルーズするように。どこにでも自由に行ける未来の旅行者が、はたして化石燃料に頼ることになるなんてあるのだろうか。

電気飛行機は誇大宣伝されがちだが、航空宇宙企業やヴェンチャー企業が展開しているコンセプトはほとんど実現不可能だ。空を飛ぶためには大量のエネルギーを必要とするため、電気エネルギーで飛行するには蓄電技術の一大革新が必要となる。もしくは、飛行機専門家のリチャード・アブーラフィアが話す、空飛ぶクルマのアイデアのような「飛行機の奇跡」が必要となる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 空飛ぶタクシーがビルからビルへ…2045年にやってくる「電気飛行機」の時代 その実現に向けたシナリオとは