産経ニュース

「ウソ」も繰り返して言えば、「真実」になる…トランプ大統領の発言と「真理の錯誤効果」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「ウソ」も繰り返して言えば、「真実」になる…トランプ大統領の発言と「真理の錯誤効果」

 同じ文言を何度も繰り返していると、そのうち事実とは関係なく「真実」として受け入れられ始める。こうした「真理の錯誤効果」をトランプ大統領は、ツイッターのみならず大統領令でも利用しようとしているようだ。

トランプ大統領の発言と「真理の錯誤効果」についての考察

PHOTOGRAPH BY KEVIN MAZUR/GETTY IMAGES

こんな話が人々の間でまことしやかに語られている。たとえば、「人間は脳の10パーセントしか使っていない」「ニンジンを食べると視力が上がる」「普通の風邪はヴィタミンCで治る」「米国での犯罪率は史上最高の水準に達している」--。

これらはすべて嘘だ。

しかし、事実であるかどうかは実際には問題ではない。何度も繰り返し見聞きしているうちに、人々は信じるようになるのだ。これは「真理の錯誤効果」(illusory truth effect)と呼ばれ、人間心理の欠陥である。マーケティング担当者や政治家は、まさにこうした錯誤を操る名人といえるだろう。これについては、思い当たる節がある人もいるのではないだろうか。

米国のトランプ大統領は、自分が「優れたビジネスマン」だと繰り返し発言しているが、それが真実ではない可能性を示唆する事実も、いくつか確認されている。2017年2月、トランプは3つの大統領令に署名した。同氏が何度も繰り返し言い続けてきた、米国の法執行官に対して頻繁に生じる暴力事件を阻止するための大統領令だ。

重要なことのように聞こえるのは確かだ。ただし、そのような犯罪の発生率は、実はこの数十年間で最も低くなっている。米国での過度に暴力的な犯罪についても同様だ。大統領が主張する「米国の大虐殺」(American carnage)は、必ずしも正しいとはいえないのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ウソ」も繰り返して言えば、「真実」になる…トランプ大統領の発言と「真理の錯誤効果」