産経ニュース

米国防総省は「戦争の未来」を、ゲーム会社とつくろうとしている

WIRED WIRED

記事詳細

更新


米国防総省は「戦争の未来」を、ゲーム会社とつくろうとしている

 コンピューター黎明期から現在まで、常にゲームの題材になってきた戦争。その戦争がいま、ゲームの技術を取り込もうとしている。「ゲームが戦争を変え、戦争がゲームを変える」。そんなヴィジョンは現実のものになるのか。

IMAGE: GETTYIMAGES

最初のコンピューター「ENIAC」がつくられたのは1946年で、最初の戦争ゲームが登場したのは、その2年後のことだ。米軍のオペレーションズ・リサーチ・オフィスが開発したそのコンピューターゲームは、ご想像の通りだいぶ原始的なものだった。

以降、軍とゲームの関係は日に日に深まってきた。

退役軍人は人気ゲームの開発を手伝い、ゲームが退役軍人の心の傷を癒す。米軍は兵士募集にゲームを利用し、批評家はゲームと戦争の類似性が現代における戦争の残酷さの原因となっていると批判する。1997年、『WIRED』US版は「海軍がゲーム『Doom』を訓練目的で改造している」という記事を掲載した。そして2017年5月には、兵士たちが「戦術拡張現実」(Tactical Augmented Reality:TAR)というシステムを利用して訓練を行っていることが伝えられた[日本語記事]。

この関係がさらに深まっていくとしたら、どうだろう。もしも、第一級のゲーム開発者が国防総省にツールを提供したら? さらにそのツールがゲームに取り入れられたとしたら? もしも、ゲームが戦争を真似る代わりに、戦争がゲームを真似るようになったら? そして、何らかの方法でこの2つが同じものになったとしたら--。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米国防総省は「戦争の未来」を、ゲーム会社とつくろうとしている