産経ニュース

LSDなどのサイケデリックな薬物は脳を「高次の意識状態」にする 英大学の研究結果

WIRED WIRED

記事詳細

更新


LSDなどのサイケデリックな薬物は脳を「高次の意識状態」にする 英大学の研究結果

 LSDなどの幻覚剤を使うと、精神が解放されたり、感覚が研ぎ澄まされたりするといわれる。英大学の研究により、そうした体験が起きることが脳科学的に説明されたという。

LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする

IMAGE: making faces / 123RF

「高次の意識状態」とはいかなるものなのか? 非合法幻覚剤であるLSDなどのサイケデリックな薬物は、精神拡張や無我の境地、また、通常の感覚を大きく卓越した知覚や色彩感覚を誘発するようだが、それらがついに脳科学的な裏付けを得たようだ。

幻覚剤の影響下にある人々の脳は、大きく脳活動が増加し、まるで“子どものころのような状態”になることは以前にも報じられたが[日本語版記事]、今回は新たに「神経活動の多様性」が増加していることが、英サセックス大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンの共同研究により明らかになった。

「この知見により、サイケデリックな薬物の影響下にある脳は、通常の状態とは大きく違う反応を示すことがわかりました」とプレスリリースで説明するのは、サセックス大学サックラー意識科学センターのアニル・セス博士だ。「“ハイ”な状態にある脳の電気的活動は、通常の意識状態よりも統合性に欠け、予測しづらくなってしまうのです」

続きを読む

このニュースの写真

  • LSDなどのサイケデリックな薬物は脳を「高次の意識状態」にする 英大学の研究結果