産経ニュース

「ランニングの代わりになる薬」の実現が近づいている:米研究結果

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「ランニングの代わりになる薬」の実現が近づいている:米研究結果

 米ソーク研究所のチームが、運動したときに活性化される遺伝子を、実際には運動することなく活性化させる方法を発見した。高齢者や病気の人など、走ることができない人にとって有益な薬の開発につながる可能性がある。

ランニングが健康にいいことは間違いない。しかし、高齢者や肥満の人、運動能力に制限のある人といった「走ることができない人」は長い間、有酸素運動の恩恵を得ることができなかった。少なくとも、これまでは。

カリフォルニア州にあるソーク研究所のチームは、通常ならランニングによって発現する遺伝プロセスを活性化させる方法を、運動しないマウスを用いた実験によって発見した。『Cell Metabolism』に発表された研究は、心臓や呼吸器に疾患を抱える人々、2型糖尿病の人々に、ランニングの恩恵に(薬理的に)たどり着く希望を与えてくれるだろう。

「わたしたちは、トレーニングによって持久力を向上させられることを知っています」と、研究の著者ロナルド・エヴァンスは言う。「わたしたちの問いは、『どうすれば薬をトレーニングの代わりにできるだろうか?』というものでした」

持久力が70%アップ

「持久力を発達させる」とは、筋肉がグルコースのような炭水化物を、続いて脂肪を長時間にわたって燃焼させることで、有酸素運動を持続できるようになることを意味する。

先行研究においてエヴァンスのチームは、すでに「PPAR-δ」と呼ばれる遺伝子を改変したマウスが長距離ランナーになることを証明していた。それらのマウスは体重が増えにくく、インスリン(血糖値を下げるホルモン)に対して高い反応を示した。すべて、通常なら走ることで得られる恩恵である。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「ランニングの代わりになる薬」の実現が近づいている:米研究結果