産経ニュース

ある世界的な「武器商人」が語る、トランプ時代の国際情勢の行く末--そして最も「ホット」な装備について

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ある世界的な「武器商人」が語る、トランプ時代の国際情勢の行く末--そして最も「ホット」な装備について

--まずは背景から。ビジネスを行うにあたり、あなたはどのように情報を収集しているのですか?

デヴィッド・マークス:長い時間をかけてネットワークを構築します。わたしは、諜報機関や政府のほか、通商や金融の業界に人脈があります。彼らにはそれぞれ独自の利害があるので、自分にとって適切に物事を判断するには、世の中の実際の仕組みについての経験と知識をもとに、あらゆる情報のバランスを取る必要があります。ある取引について、進めるのか、あるいはリスクが高すぎると考えるのかを判断しなくてはなりません。多くは経験と一般常識が必要なことですが、地政学と国際的なビジネスを理解することも大切です。われわれは常にバランスを取るようにしています。

--これまでのところ、トランプ政権に対してどのような感想をおもちですか?

予想してきたことが行われていると思います。最初の年はリアリティーショーのようになるでしょう。確かに、政権が始まってすぐに幹部が辞任したこと(マイケル・フリン安全保障補佐官が2月13日に辞任)には仰天しました。地政学的な観点からいえば、ほかの国々は過去の米国政権に対して行ってきたように、トランプ大統領を適当にごまかすことはできないはずです。もしそのようなことをしようとしたら、トランプ大統領は全力で襲いかかってくるでしょう。同盟国と敵対国の両方が対応せざるをえないのです。

--そうした事態はどのように現れてくるでしょうか?

外交政策と国際取引の構築には、慎重に扱うべき事項や手順が多数あります。トランプ大統領は、これらを無視し続けることはできません。国際法と協定を尊重する必要がありますが、トランプ大統領は自分のビジネスを行うように、これをこなしていくでしょう。

今後、さらに多くの交渉が行われるはずです。後退や前進を繰り返しながら、トランプ政権は政策とビジネスとの中間地点を見つけようと努めると思います。すべてはトランプ大統領のレンズを通して選別され、それがどのような意味をもつのかはまだわかりません。しかしわたしたちは、現実の厳しさを味わうことになるでしょう。

続きを読む

このニュースの写真

  • ある世界的な「武器商人」が語る、トランプ時代の国際情勢の行く末--そして最も「ホット」な装備について