産経ニュース

韓国に導入された新ミサイル防衛システムが「対北朝鮮の万能薬」にはならない理由

WIRED WIRED

記事詳細

更新


韓国に導入された新ミサイル防衛システムが「対北朝鮮の万能薬」にはならない理由

 発射されたミサイルを撃ち落とすために米国が開発した「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」。韓国に配備されたTHAADが5月上旬に使用可能になったが、だからといって北朝鮮の驚異から完全に逃れられるわけではない。

終末高高度防衛(THAAD)ミサイルの砲台付近では、住民たちの抗議デモが行われている。THAADが北朝鮮の攻撃対象になる可能性があるからだ。PHOTO: Lee Jae-Won / AFLO

発表されてから1年が経ったのち、米国が韓国を護衛するために供給したミサイル防衛システムの準備が整った。この装備は物議をかもし、中国の反発を招いた。しかし防衛システムが使用可能になったことは、ますます危険が増す北朝鮮からの正当防衛を行うための重要な一歩である。だがそこには、大きな制限もついてくる。

現在、韓国で使われている終末高高度防衛(THAAD)ミサイルシステムは、米国でのミサイル迎撃試験において優れた実績を上げている。THAADは、約125マイル(約210km)の射程をもち、大気圏の内外でミサイルを狙うことができるのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 韓国に導入された新ミサイル防衛システムが「対北朝鮮の万能薬」にはならない理由