産経ニュース

被害が増加。いまあなたに届いた「Google Docs」のリンクは、新手のフィッシング詐欺かもしれない

WIRED WIRED

記事詳細

更新


被害が増加。いまあなたに届いた「Google Docs」のリンクは、新手のフィッシング詐欺かもしれない

 「Google Docs」を装ったフィッシング被害が急増している。このケースの新しい手口として注目すべきは、“本物”のログインページを使っているのだ。引っかからないための2つのポイントも紹介。

あなたが受け取ったメールに「Google Docs」へのリンクが貼り付けられていたら、その発信元が信頼できる相手だったとしても、クリックする前に注意深く調べたほうがよさそうだ。

いま、Google Docsのリクエストになりすました悪質なフィッシング詐欺がネット上を騒がせている。かなりの数のメディア企業も、巻き込まれているようだ。「クリックする前に考えろ」などといった警句はもううんざりするほど聞いているだろうが、それだけが、あなたを本当に救ってくれる。

グーグルは、この種のフィッシングを無効化するために乗り出していて、次のような声明を出している。

「問題を起こしているアカウントを無効化し、偽サイトを排除し、セーフブラウジングを通してアップデートを行いました。わたしたちの不正利用対策チームは、この手の成りすましが2度と起こらないようにすべく、取り組み続けています」

フィッシング詐欺の「未来形」

しかし、フィッシング対策は“いたちごっこ”の連続だ。広く普及したサーヴィス(たとえば「Googleのログインページ」のようなものだ)になりすました大掛かりなフィッシング攻撃が、常にインターネットには忍び寄っている。

フィッシングの研究・対策を行う企業で、ニセGoogle Drive問題においてデータ解析を行ったPishMeの最高技術役員(chief technology officer:CTO)のアーロン・ヒグビーは、次のように語る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 被害が増加。いまあなたに届いた「Google Docs」のリンクは、新手のフィッシング詐欺かもしれない