産経ニュース

ああ、その美しき世界! 『ブレードランナー2049』最新予告編公開

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ああ、その美しき世界! 『ブレードランナー2049』最新予告編公開

 前作から30年後を描く『ブレードランナー2049』の公式トレイラーが公開された。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、自身のスタイルを発展させ、前作の世界の境界をはるかに超えたところまで広げている。

1982年に公開されたSF映画『ブレードランナー』の「30年後」を舞台にした続編『ブレードランナー2049』の全貌がついに明らかになった(米国公開は10月6日、日本公開は10月27日)。

冒頭に示した最新トレイラーでは、監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが、自身のスタイルを発展させ、前作の世界の境界をはるかに超えたところまで広げている(前作の監督だったリドリー・スコットは、今回は製作総指揮)。なおヴィルヌーヴ監督の前作『Arriva』(日本では『メッセージ』のタイトルで、5月19日に公開)はアカデミー賞8部門にノミネートされ、話題を呼んだ[日本語版記事:「宇宙人の言葉」を読み解く、女性言語学者の物語--SF映画『Arrival』]。

2019年を舞台にしていた前作の『ブレードランナー』では、視野が故意に狭く設定されていた。つまり、われわれの見る世界は、雨が降り、空気の汚れたロサンゼルスの都会の風景のなかに窮屈なほど閉じ込められていた。広がる眺望を目にしたのは、タイレル社の創業者であるエルドン・タイレル博士が住む光り輝く巨大なピラミッド型の本社ビルをエレヴェーターで上っていくときだけだった。

『ブレードランナー2049』のトレイラーでは、まったく異なる眺めの世界が現れる。もちろん、前作を思い出させるような、ホログラフの女性たちがうごめく都会の風景や、宇宙を飲み込もうとしているような「ATARI」のロゴも出てくるが、その一方で、印象的な砂漠の場面もあり、深刻な気象変動を示唆していると思われる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ああ、その美しき世界! 『ブレードランナー2049』最新予告編公開