産経ニュース

スマホの「ブルーライト」をカットすれば、本当に寝付きはよくなる?

WIRED WIRED

記事詳細

更新


スマホの「ブルーライト」をカットすれば、本当に寝付きはよくなる?

 スマートフォンの画面が放つブルーライトは脳を覚醒させ、睡眠を邪魔するといわれている。では、スマホのスクリーンから青色を取り除けば、果たして寝付きはよくなるのだろうか?

わたしのスマートフォンの画面は、毎晩10時半になると淡いオレンジ色を帯びる。あらゆる色が暖色系に変わり、本来の色は想像もつかなくなってしまう。なぜならわたしのスマホには、脳を覚醒させるといわれているブルーライトを夜間に減らすために、決まった時間にスクリーン表示を調整する便利な機能があるからだ。

ブルーライトによって脳が覚醒しやすくなるのが本当であるなら、逆にスマホの画面から青色を取り除けば寝付きがよくなるのだろうか。この疑問について考えてみたい。

目には、ブルーライトに強く反応する受容体がある

まずは人間の目の構造を見てみよう。網膜には暗所で機能する桿体(かんたい)視細胞と、色に対して反応する錐体(すいたい)視細胞がある。だが実際のところ、目には第3の光受容体がある。内因性光感受性網膜神経節細胞(ipRGC)と呼ばれるものだ。

この受容体について、ハーヴァード大学医学大学院の睡眠研究者シャーダブ・ラーマンは次のように説明する。「ipRGCは、体内時計の調整をサポートする働きをもっています。生物的な時間を制御する脳の複数の領域に対して、網膜から刺激を投射しているのです」

続きを読む

このニュースの写真

  • スマホの「ブルーライト」をカットすれば、本当に寝付きはよくなる?