産経ニュース

マツダの新型「CX-5」は、本当にディーゼルがベストな選択か?

WIRED WIRED

記事詳細

更新


マツダの新型「CX-5」は、本当にディーゼルがベストな選択か?

 約5年ぶりに全面刷新したマツダの「CX-5」。旧モデルからハードウェアのほとんどを引き継いだにもかかわらず、まるで別物のように進化した。旧型ではディーゼル仕様が主力だったが、新型をガソリン仕様と乗り比べると、意外な違いが浮き彫りになった。

「魂動デザイン」を踏襲しながらも、より上質さを感じさせる新型「CX-5」のデザイン。PHOTOGRAPH COURTESY OF MAZDA

エンジンや変速機など、クルマ全体の大幅な技術刷新を進めたマツダの「SKYACTIV」(スカイアクティヴ)テクノロジーを初めて全面採用し、マツダ躍進の立役者の“一人”となった「CX-5」。2012年の誕生から5年を経て、17年2月に全面刷新した。

初代CX-5が、車体からエンジン、変速機、シャシーに至るまで、すべて新開発だったのに対して、新型はハードウェアのほとんどが先代からのキャリーオーヴァー(継続使用)である。ところが、細部に至るまで徹底した改良の手が入っており、別物と言っていいほどに進化している。

高まった内外装の質感

まずデザインだ。新型CX-5は、マツダの新しいデザインフィロソフィーである「魂動デザイン」を踏襲しているが、その表現はより洗練されたものとなった。先代のCX-5ではダイナミックな動きを重視したデザインだったが、新型CX-5ではプレスラインの数を減らし、よりシンプルでありながら、上質さを重視した仕上がりになっている。

その傾向がより強まったのがフロント周りだ。先代と比べてグリルを囲むクロームメッキは太くなり、より“細目”になったヘッドライトとともに大人びた印象を与える。真横から見たプロポーションは、フロントピラーの付け根が後ろに移動して、フロントノーズの長さを強調したものとなった。リアピラーのクロームメッキのモールの幅が広がったこともあって、車体寸法はほとんど変わらないのに、車格感はひとクラス上になったと感じる。

質感の向上は内装でも顕著だ。インパネ表皮の質感や、表面にあしらわれたステッチ(縫い目)、厚みのあるクロームメッキで囲まれたデフロスターグリルなどによって、欧州高級ブランドのSUVと同等といえる高い質感を実現している。それでいて、価格は先代からほぼ据え置きで、欧州ブランドのSUVよりも100万~200万円ほど安いのだから、かなり“お買得”な印象である。

内装の質感は大幅に高まった。PHOTOGRAPH COURTESY OF MAZDA

続きを読む

このニュースの写真

  • マツダの新型「CX-5」は、本当にディーゼルがベストな選択か?