産経ニュース

ダッジのニューモデルはウィリー走行できるほどパワフル!

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ダッジのニューモデルはウィリー走行できるほどパワフル!

どんなモーターショーに行っても、バズワードに沿ってきれいに並べられた未来のクルマを目にするばかりだ。自律。電動。接続。シェア。だが、ダッジの人々はほかとは異なる洒落たバズワードを使う。「もっと」だ。もっとパワーを。もっとトルクを。そして、もっとウィリーを。

そう。もっとウィリーを。

クライスラーの自動車ブランド「ダッジ」には繊細さに欠けるイメージがある。だが、2018年モデルの「チャレンジャー・SRT・デーモン」は、かつて製造したバカバカしいモデルをも上回っている。燃えるようなカラーや巨大なエアインテーク、クルマを走らせるためにガソリンと同じだけテストステロンも使わなければいけないという事実はさておき、840馬力の狂気を大いに楽しもうではないか。

ちょっと考えてみよう。相対的に割安な価格で(とダッジはまだ言ってないが)、最もパワフルなフェラーリを40馬力も上回るアメリカ製マッスルカーを手に入れられるのだ。こいつは停止からクオーターマイル(約402m)まで9.65秒で到達し、時速60マイル(約97km)まで2.3秒で加速する。これぞスーパーカーの性能だ。

さらにいかれていることに、このクルマはウィリーできる。アクセルを一気に踏み込めば、フロントタイヤを浮かせて2.92フィート(約89センチ)走る。まさか。ダッジはギネス世界記録の認定員を招いてこれを見せ、巻き尺を用意して証明した。そして量産車としての世界記録に認定されたのだ。

もちろん、こんな狂気の車を運転できる人はほとんどいない。それゆえデーモンを買う人はみんな、「ボブ・ボンデュラント・スクール・オブ・ハイパフォーマンス・ドライヴィング」で1日を過ごすのだ。そこではヴィン・ディーゼルがショットガンのような叫びを上げる。「俺は一度でクオーターマイル進める人生を送る!」(最後の部分は冗談だが、もしかしたらそんなシーンが見られるかもしれない。)

デーモン・ダッジが何台製造される計画なのかはいまのところまだ分からない。しかし、707馬力の「チャレンジャー」と「チャージャー・ヘルキャット」モデルの生産ラインを倍に増やしている様子をみると、それぞれ1台は販売されると考えて間違いない。だって、誰だってもっとウィリーしたいだろう? それこそが誰よりも前に進める未来なのだから。

RELATED

このニュースの写真

  • ダッジのニューモデルはウィリー走行できるほどパワフル!