産経ニュース

人工知能が誰かの自殺を予測し、防ぐ日は近い--Facebookも注目するアルゴリズム

WIRED WIRED

記事詳細

更新


人工知能が誰かの自殺を予測し、防ぐ日は近い--Facebookも注目するアルゴリズム

 声のトーンや生活パターン、ソーシャルメディアへの投稿といった膨大なデータを収集、人工知能(AI)で解析することで、自殺を未然に防ぐための取り組みが始まっている。自分でも気づかなかった自分の精神状態を、AIが教えてくれる未来が訪れるかもしれない。

ここ数年のフェイスブックは、機械学習やディープ・ニューラルネットワークのような人工知能(AI)分野に投資することで、中核事業のさらなる構築を進めてきた。そして世界中のどこよりも売上を伸ばしてきた。

そんななか、同社は2016年3月、これらのAIツールの一部を人々が自ら命を絶つことを防止するという、より崇高な目的のために使うことを決めた。確かにこれは完全に利他的な判断というわけではない。ユーザーが「Facebook Live」を使って自殺を中継するのは、ブランドにとっていいことではない。

自傷行為に着目した研究開発に力を注いでいるのは、フェイスブック、インスタグラム、中国の有望なヴィデオプラットフォーム「Live.me」のようなテクノロジーの巨人だけではない。研究病院の医師や米国退役軍人省でさえも、かつてないほど多くのデータを収集することで、AIドリヴンな新しい自殺予防プラットフォームをつくろうとしている。彼らの目標は、自殺防止につながる予測モデルの構築である。予防医学は最高の“薬”になるからだ。特にメンタルヘルスの場合には。

自殺防止のためのアルゴリズム

最近、もし自殺に関する話題を聞く機会が増えたのであれば、それはソーシャルメディアだけが理由ではない。疾病管理予防センターのデータによると、2014年の自殺率は過去30年で最高だったという。

予防措置は歴史的に、銃や錠剤へのアクセスを減らすこと、あるいはリスクをもっとよく認識するよう医師を教育することに重点が置かれてきた。問題は医師たちが50年以上にわたって、うつ病や薬物乱用の患者が自殺のリスクにつながると診断することによって、稼いできたことである。そして研究によれば、そうした治療が効く確率は、コイントスよりわずかに高いだけだという。

しかしAIは、自殺予備群をより正確に特定することで、彼らが行動に踏み切るはるか前に介入する機会をつくり出せるかもしれない。ある研究では機械学習を使うことで、人が2年以内に自殺を試みるかどうかを80~90パーセントの精度で予測している。フロリダ州立大学の研究者たちは、テネシー州の200万人の患者の匿名化された電子健康記録を使用することで、鎮痛剤処方から年間のER(救急専門外来)訪問回数に至るまで、どの要因の組み合わせによって患者が命を絶つ可能性を最も正確に予測できるかをアルゴリズムに学ばせている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人工知能が誰かの自殺を予測し、防ぐ日は近い--Facebookも注目するアルゴリズム