産経ニュース

原因はスマホ? 米国人の「セックス離れ」が統計で明らかに

WIRED WIRED

記事詳細

更新


原因はスマホ? 米国人の「セックス離れ」が統計で明らかに

 米国成人の年間のセックス頻度は、1995~2000年の平均約62回から、2010~14年の約53回へと減少しているという調査結果が発表された。大卒者と南部在住者での減少が特に大きいという。

米国における「セクシーな時間」は減少しつつあると、学術誌『Archives of Sexual Behavior』に3月6日付けで掲載された研究論文は述べている。

米国に住む成人たちの回答に基づくと、1990年代後半よりも2010年代前半のほうが年間のセックス頻度が9回少ない。平均では、1995~2000年の年間約62回から、2010~14年の年間約53回へと減少している。研究者によるとこうした減少は、基本的には、年齢や人種、宗教、教育水準、雇用状況に関係なくみられるという。

研究チームはこの減少を2つの傾向と結びつけている。ひとつは、結婚していなかったり決まったパートナーがいなかったりする「シングル」が増えていること。もうひとつは、パートナーがいる人たちにおいても性生活が「スローダウン」していることだ。しかし、こうした傾向がなぜ起こっているかについてはわかっていない。

この研究は、全米で長期にわたって実施されている「総合的社会調査」(GSS)のデータに基づいている。GSSでは、全米を代表すると考えられる18歳以上の調査対象に対して、1972~2014年にほぼ毎年調査が行われたものだ。今回の研究は、2万6,620人の回答に基づいている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 原因はスマホ? 米国人の「セックス離れ」が統計で明らかに