産経ニュース

フィンランド発、月7万円の「ユニヴァーサル・ベーシックインカム」は経済を救うか

WIRED WIRED

記事詳細

更新


フィンランド発、月7万円の「ユニヴァーサル・ベーシックインカム」は経済を救うか

 ユニヴァーサル・ベーシック・インカム(UBI)で一国の経済は活性化するのか。フィンランドのトライアルが注目を集める理由とは。

北欧の一角を占めるフィンランドで2017年1月1日から始まったユニヴァーサル・ベーシック・インカム(UBI)の試用運転が注目を集めている。このプログラムは、2年間にわたって2,000人の失業者を対象に毎月560ユーロ(約6万8000円)を無償で支援するというもの。その期間内に就職したとしても毎月の支払いは継続され、また用途についても申告する義務はまったくない、自由なお金を支給するという制度だ。

端的にいえば、国から“お小遣い”をもらうようなイメージだが、このUBIの施行が目指す最大の目的は、少額ながらも毎月の不労収入を確保できる環境が整えば、より多くの国民が、より有意義な仕事を得るための教育やトレーニングを受けたり、はたまた自身の夢を実現するために起業したり、と多少のリスクを背負ってでも積極的にアクションを起こすマインドが醸成され、ひいては国の経済全体が活性化するという“仮説”にある。

仮説とあえて書いたのは、これまでUBIを施行した国が存在しないため、フィンランドが文字通りのテストケースであるためだが、当のフィンランド政府は、もちろん真剣そのもので、UBIの真価に差し挟む疑問は微塵もない。

続きを読む

このニュースの写真

  • フィンランド発、月7万円の「ユニヴァーサル・ベーシックインカム」は経済を救うか

WIRED関連ニュース