産経ニュース

ビールを飲むほど環境にやさしくなれる、を実現する研究

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ビールを飲むほど環境にやさしくなれる、を実現する研究

 1杯のビールをつくるために、これまで大量の水が廃棄されてきた。コロラド大学の研究者たちは、その水からリチウムイオン電池に利用できるマテリアル開発を行うという研究を進めている。

PHOTO: REUTERS / AFLO

 石油に由来しない再生可能エネルギーとして取り上げられて久しいバイオマス。その最新リサーチでいま熱い視線を浴びているのは、なんとビールだ。「仕事のあとにぐいっと飲む一杯がたまらない!」といったビール党も少なくないだろうが、実は環境フレンドリーにもなれるという、なんとも一石二鳥な技術のリサーチをコロラド大学ボルダー校の研究チームが進めている。

 その内容は、ビールを製造する際に出る廃水を利用するというもの。通常、ビールをつくるにはその約7倍の量の水が廃棄される計算になるというが、醸造過程に使用した水からマッシュルームに似た菌類を育て、(木材から石炭をつくるように)約800度の高域温度で加熱することで、最終的にリチウムイオン電池に利用可能な電極の素材を生成するというもの。廃棄された水を再利用するには、水質浄化のコストと手間がかかるため、廃水をそのまま使う手軽さと低コストが売りのソリューションとして注目されている。

 しかもメリットはそれだけではない。

「さらには、この開発により再生可能エネルギーの生成に必要なマテリアルを、ゼロからデザインできるようなりました。バイオマス物質をつくるプロセスを、トップダウンでなく、正反対のボトムアップへと転換したのです」

コロラド大学のニュースサイトで、そう説明するのは、同大学助教授のZhiyong Jason Ren。つまりは、エンドプロダクトである電極の製造に不可欠な菌類の生成を、目的に合わせて安定的かつハイクオリティで実現可能にした点にこの技術の美点があるのだという。

「もっとも効率良く自然界から生成が可能」とレン助教授が誇るリチウムイオン電池は、スマートフォンやモバイルデヴァイスのさらなる普及で高まるバッテリー需要に応え、また廃水処理の問題もスマートに解決するウィン・ウィンな技術であるのみならず、さらにはビールが世界に存在する限り原材料の調達に困らないという、なんともいいことずくめな発明なのである。

RELATED

このニュースの写真

  • ビールを飲むほど環境にやさしくなれる、を実現する研究

WIRED関連ニュース