産経ニュース

難病を患う娘のために、父は「Amazon Dash Button」をハックした

WIRED WIRED

記事詳細

更新


難病を患う娘のために、父は「Amazon Dash Button」をハックした

 アマゾンが日本でも提供開始したボタン型装置「Amazon Dash Button」は、ハッキングすればいろいろな用途に使うことができる。ある父親はこのデヴァイスを使って、難病を抱える娘のトイレの回数を簡単にトラッキングする仕組みを考えた。

PHOTOGRAPH COURTESY OF AMAZON

「Amazonプライム」会員に実質無料で提供される「Amazon Dash Button」は、買い物を格段に便利にすることを売りにしている。ペット用フード、食器洗い用洗剤、トイレットペーパーなどが不足したときに、ボタンを押すだけで、すぐにアプリ経由で注文できて届けてもらえるものだ(Dash Buttonは、商品ブランドごとに販売されており、1,000回以上の注文が可能という。日本でも12月5日からサーヴィス開始。端末価格は500円だが、Dash Buttonを使って購入した商品の初回注文の金額から500円が差し引かれるため、実質無料となる。2014年4月に米国の一部の顧客に提供開始(日本語版記事))。

このDash Buttonを、ハッキングによってパーソナライズすることが可能だ。オープンデータ研究所(ODI)で働くテクノロジストのジェイムズ・スミスは、Dash Buttonを娘の世話に役立てている。

「わたしの娘は『猫鳴き症候群』(5番染色体の一部が欠失した状態で生まれてくる症候群。知能や運動機能の発達に遅滞がみられる)と呼ばれる遺伝子疾患を患っています。娘がいつトイレに行く必要があるのかを、われわれは把握しなければなりません」と、スミスは『WIRED』UK版に説明する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 難病を患う娘のために、父は「Amazon Dash Button」をハックした

WIRED関連ニュース