産経ニュース

霧の街サンフランシスコを「霧の上」から眺めてみると

WIRED WIRED

記事詳細

更新


霧の街サンフランシスコを「霧の上」から眺めてみると

 霧で有名なサンフランシスコ。その霧に魅了されたあるエンジニアが、都市全体が霧の幕に包み込まれた幻想的な様子を撮影することに成功した。

サンフランシスコは有名な「霧の街」だ。

大西洋から流れ込んできた霧は、海岸の上を通過すると、ツインピークスにぶつかる。そこから雪崩のように流れ落ちて、ふもとの市街地を覆い尽くす。まるで消火器を噴射するかのように一気に広がった霧は、ゴールデンゲートブリッジやアルカトラズ島を覆い隠すだけでなく、北西部に隣接するバークレーも薄暗い霧の街にしてしまう。すぐ南にあるオークランドは、カリフォルニアの輝く太陽に照らされているというのにだ。

エンジニアのロレンゾ・モンテゼモロは、この霧をタマルパイス山から眺めるのがお気に入りだ。サンフランシスコの北にあるこの山に登ると、市街地を一望できる。標高758mの頂上に立てば、波のようにうねった霧が、サンフランシスコ一帯を白い幕で包み込む様子が見られるのだ。

モンテゼモロは18年前、ネットワークエンジニアとして働くためにこの街にやって来た。それ以来、市内の至る所で発生する霧に魅了されるようになったという。

この夏にはとりわけ濃い霧が発生し、同氏の霧に対する情熱もピークに達した。毎晩のように、仕事が終わると車で1時間かけてベイエリアのサンマテオ(サンフランシスコ市から南に約30kmにある街)からタマルパイス山に向かい、霧の写真を撮影したのだ。

モンテゼモロが撮影した写真は数百枚にもなるが、8月17日の満月の夜に撮影した上の写真ほど素晴らしいものはないだろう。同氏はこの日、友人と一緒に険しい山道を歩いて上り、霧から300mほど高い場所に向かった。そして、「Nikon D810」を三脚にセットし、撮影に取りかかったのだ。

絞りをF8まで絞り、ISOを31まで下げ、さらに6段のNDフィルターを使うことで、露出時間を3分に延ばすことができたという。

RELATED

このニュースの写真

  • 霧の街サンフランシスコを「霧の上」から眺めてみると

WIRED関連ニュース