産経ニュース

宇宙飛行士が患う「謎の視覚障害」、原因に新説

WIRED WIRED

記事詳細

更新


宇宙飛行士が患う「謎の視覚障害」、原因に新説

 宇宙ミッションから帰還した宇宙飛行士の3分の2が、「視覚障害脳圧症候群」と呼ばれる視覚障害に悩まされるという。原因は「体液による圧力」だと考えられていたが、その有力説を訂正する新しい研究結果が発表された。

スコット・ケリー宇宙飛行士が2016年3月に1年間の宇宙ミッションから帰還したとき、彼はほかの多くの同僚たちと同じように、視覚障害を患っていた。不可解なことだが、長期間の宇宙ミッションに参加した宇宙飛行士の3分の2が、かすみ目、眼球が平らになる、視神経が炎症を起こすなどの症状を示すのだ。

こうした宇宙飛行士たちの症状を、科学者たちは「視覚障害脳圧症候群」(visual impairment intracranial pressure syndrome:VIIP)と呼んでいる。この症状名は、通常は重力によって地面の方向に引っ張られる体液が、宇宙では頭の方向にも自由に流れるため、脳と眼球にかかる圧力が増大する、という従来の有力説に基づいたものだ。

だが、16人の宇宙飛行士がかかわった新しい研究は、有力とされているこの説が多少「的外れ」であることを示している。問題を引き起こしているのは、血管内体液が頭方向に向かうことではなく、脳脊髄液が目の方向へと移動するためだというのだ。

マイアミ大学の研究者たちは11月28日(米国時間)、シカゴで開催されていた北米放射線医学学会の年次会議で新しい研究結果を発表した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 宇宙飛行士が患う「謎の視覚障害」、原因に新説

WIRED関連ニュース