産経ニュース

1mgでゾウ2頭、人間なら20人を殺す猛毒 南米生息のモウドクフキヤガエル、日米研究チームが新たな発見

WIRED WIRED

記事詳細

更新


1mgでゾウ2頭、人間なら20人を殺す猛毒 南米生息のモウドクフキヤガエル、日米研究チームが新たな発見

 南米のモウドクフキヤガエルがもつ、1mgでゾウ2頭を殺せる猛毒バトラコトキシン。科学者たちはこの毒を合成する過程で、バトラコトキシンの「双子」(鏡像異性体)を生成。新たなる毒性をもつことを発見した。

PHOTO: SCHRECKLICHER BLATTSTEIGER / WIKIMEDIA COMMONS

コロンビア北部の太平洋岸沿いにある熱帯雨林に生息するモウドクフキヤガエル(学名:Phyllobates terribilis)は、その皮膚に猛毒「バトラコトキシン」を含むことで有名だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 1mgでゾウ2頭、人間なら20人を殺す猛毒 南米生息のモウドクフキヤガエル、日米研究チームが新たな発見

WIRED関連ニュース