産経ニュース

IS志願者を止める「グーグル流の対テロ作戦」の効果とは

WIRED WIRED

記事詳細

更新


IS志願者を止める「グーグル流の対テロ作戦」の効果とは

 インターネットでの宣伝などを通じて、世界中から志願兵を集めているIS(Islamic State)。これに対抗すべく、グーグル系列のシンクタンク・Jigsawが、検索広告アルゴリズムとYouTubeの動画を利用した独自のアンチISプログラムを開始した。

アンチISIS作戦を率いるJigsawの研究開発リーダー、ヤスミン・グリーン

アンチISIS作戦を率いるJigsawの研究開発リーダー、ヤスミン・グリーン。

グーグルは、2~3個の検索ワードからユーザーが得たい結果を推測することで、5,000億ドル規模のビジネスを確立した。彼らはその過程で偶然にも、ネット上で最も理解されておらず、最も危険な人々--IS(Islamic State)の新兵候補たち--の考えを知るための強力なツールを手にすることとなった。

そして現在、グーグル傘下のある企業は、IS志願者たちの意図を理解するだけなく、彼らの考えを変えるべく取り組みを行っている。

その名も「Redirect Method(軌道修正法)」

テクノロジーインキュベイター/シンクタンクの「Jigsaw」(旧Google Ideas)はこの1年、新しいプログラムの開発に取り組んできた。彼らは、グーグルの検索広告アルゴリズムとYouTubeの動画プラットフォームとを連動させることによって、最終的にはIS志願者たちに加入を思いとどまらせられたらと考えているのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • IS志願者を止める「グーグル流の対テロ作戦」の効果とは

WIRED関連ニュース