産経ニュース

スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」打ち上げを申請

WIRED WIRED

記事詳細

更新


スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」打ち上げを申請

 スペースXが、約4,000個あまりの衛星を打ち上げる計画を米連邦通信委員会(FCC)に申請した。実現すれば、地球上のほぼすべての地域で高速インターネットが利用できるようになるという。

IMAGE: Vova Aivazyan / 123RF

イーロン・マスクが設立した宇宙開発企業スペースXが、世界中を高速インターネットでつなげる大規模な衛星ネットワークを運用するための承認を米連邦通信委員会(FCC)に対して申請した。

FCCに提出された申請書類によると、スペースXは、4,425個の衛星を製造して打ち上げる計画だ。そのうちの約800個は、米国、プエルトリコ、およびアメリカ領ヴァージン諸島のインターネットアクセスを向上させるために打ち上げられる。ネットワークがフル稼働すれば、地球上のほとんどの地域をカヴァーできるという。

スペースXは申請書類のなかで、「スペースXのシステムが完全なかたちで展開されれば、地球上のほぼすべての地域をカヴァーするため、理論的には地球上のどこからでも利用可能なサーヴィスを提供できる」と説明している。同社はこのネットワークを利用して、世界中の家庭、企業、公共施設、政府機関に「さまざまな種類のブロードバンドサーヴィスや通信サーヴィスを提供」する計画だ。

このネットワークを構成するインターネット衛星は、1,149~1,324km上空の軌道を周回する。従来の衛星は、最高で3万5,000km上空の軌道を周回することもあるが、スペースXの衛星ネットワークは標高の低い地域でも干渉を受けにくい設計だという。衛星の重量は386kg、大きさは396cm x 182cm x 121cm(太陽電池パネルを除いた状態)で、耐用年数は最大7年だ。

スペースXがインターネット衛星ネットワークの運用計画を初めて発表したのは、2015年1月にワシントン州シアトルで行われたイヴェントでのことだった。

このプロジェクトを運営する組織はシアトルに本拠を置き、60人のスタッフからなるチームで事業を開始したが、3~4年以内にはスタッフの数が1,000人にまで膨れ上がる可能性があるとマスクは述べていた。プロジェクトにかかる費用は少なくとも100億ドルと見積もられていた(2015年1月には、グーグル及びFidelityなどから10億ドルにのぼる投資(日本語版記事)を受けている)。ただし、最初の衛星を打ち上げる日はまだ決まっていない。

インターネットを利用できる地域を拡大するために、宇宙に目を向けている企業はスペースXだけではない。OneWebやボーイングなども同じようなネットワークの構築に取り組んでいる。

RELATED

このニュースの写真

  • スペースX、世界にネットを届ける「4,000個の衛星」打ち上げを申請

WIRED関連ニュース