産経ニュース

「切り裂きジャックの正体」に新説、今度は「リヴァプールの木綿商人」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「切り裂きジャックの正体」に新説、今度は「リヴァプールの木綿商人」

 切り裂きジャックの正体について新たな仮説が浮上している。日記と懐中時計がその証拠だとされているが、それが決定的かどうかはまだ判然としない。それにしても、なぜわたしたちは彼の正体探しにここまで惹きつけられるのだろうか?

PHOTO: TOPFOTO / AFLO

PHOTO: TOPFOTO / AFLO

それは、おそらくは歴史上最も議論の的となった謎の1つだ。「切り裂きジャック」の謎は、探偵や作家、アーティストを1世紀以上にわたって刺激してきた。しかし、謎そのものに、もはや意味はない。1888年後半、ヴィクトリア朝ロンドンで司直の手を逃れながら少なくとも5人の売春婦を殺した殺人鬼の正体を知ることに目的があるとすれば、それはいったい何なのだろうか?

何十年もの間、切り裂きジャックの正体を解き明かそうと身を捧げた研究熱心な「探偵」たちが、この未解決事件を調査してきた。「犯人」は次々と現れた。例えば、数年前にはポーランド系ユダヤ人で理髪師のアーロン・コスミンスキーだという答えもあがっていた。

最近で最も確度が高いといわれている新しい仮説として、『ラ・スタンパ』紙は、リヴァプールの木綿商人ジェイムズ・メイブリックという人物を挙げている。BBCでドキュメンタリーを製作していたポール・フェルドマンは、その著作『最終章』(原題:The Final Chapter、1998年)でこの仮説を支持しているし、ジュゼッペ・マニャーラパは小説『心からあなたのもの--切り裂きジャック』(原題:Sinceramente vostro)で取り上げた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「切り裂きジャックの正体」に新説、今度は「リヴァプールの木綿商人」

WIRED関連ニュース