産経ニュース

ネズミもくすぐられると笑う:研究結果

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ネズミもくすぐられると笑う:研究結果

 ラットはくすぐられると、人間には聞こえない超音波で笑い声を発する。科学者たちはくすぐられたラットを観察することで、「くすぐったさと笑い」に関係する脳内の神経細胞を特定した。

われわれの多くが、くすぐったさを感じるツボのようなものをもっている。触られると、思わず笑ってしまったり、吹き出してしまったりする体の部位だ。この感覚は何なのか、なぜこのような反応が起きるのか、疑問に思ったことはないだろうか?

ベルリン・フンボルト大学の研究チームは、この疑問の裏側にあるメカニズムを解明すべく、ラットの体をくすぐった。

以前の研究から、くすぐられたラットは人間には聞こえない超音波で笑い声を発することがわかっており、これを基にシンペイ・イシヤマとミヒャエル・ブレヒトは、くすぐられたラットたちの体性感覚皮質のニューロン活動を観察した。

『Science』に掲載された論文によると、研究チームはラットたちが出す笑い声を測定しつつ、体に触られているときの彼らの様子を撮影。「くすぐったさと笑い」に関係する脳内の神経細胞を特定した。

実験の様子。ラットの「笑い声」を聞いてみよう。

続きを読む

このニュースの写真

  • ネズミもくすぐられると笑う:研究結果

WIRED関連ニュース