産経ニュース

オオカミから「人懐っこい友だち」に… すべてのイヌは、ヨーロッパとアジアから生まれた

WIRED WIRED

記事詳細

更新


オオカミから「人懐っこい友だち」に… すべてのイヌは、ヨーロッパとアジアから生まれた

 長い間人類とともに暮らしてきたイヌが、いつ野生のオオカミから「人懐っこい友だち」になったのかはわかっていなかった。しかし最新の研究により、イヌの家畜化は、ヨーロッパとアジアで同じころに行われていたという新説が発表された。

イヌは、人間が最も初期に家畜化を行った動物のひとつだ。人間が農業を始め、ヤギやブタを飼うようになる何千年も前から、イヌたちは人々と一緒に生活していたと見られている。

1万5,000年前ころの世界各地の集落から、イヌの骨に関する考古学的証拠が見つかっているものの、人間がどこで野生のオオカミを「人懐っこい友だち」に変えるプロセスを始めたのかについては、まだ科学者たちも確信をもっていない。

『サイエンス』誌に先ごろ発表された最新の研究では、イヌの家畜化は2度にわたって行われていたことが示されている。ヨーロッパとアジアで、おそらく同じころに行われていたという。

研究グループは、古代と現代のイヌから抽出したDNAの塩基配列を決定し、遺伝的浮動を測定した。

今回の研究で要となったのは、4,800年前、ストーンヘンジが建造されていたころにアイルランドで生きていたイヌの、保存状態のいい骨だった。研究グループは、このイヌのDNAを600個体以上に及ぶ現代/古代のイヌのDNA断片と比較。この西洋のイヌが、1万4,000~6,400年前にアジアのイヌから分岐した遺伝群に属することを突き止めた。

もし話がこれで終わりなら、「イヌはアジアで家畜化され、ヨーロッパに広がった」という有力な証拠をわれわれは手にしたことになるだろう。

ところが、厄介な問題がひとつある。先述のアイルランドのイヌの祖先がアジアの血統から枝分かれする少なくとも1,000年前、いまから1万5,000年以上前のヨーロッパで、オオカミから家畜化されたと見られるイヌが存在していたことを示す証拠があるのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • オオカミから「人懐っこい友だち」に… すべてのイヌは、ヨーロッパとアジアから生まれた

WIRED関連ニュース