産経ニュース

フェイスブック、地上にインターネットを届ける「レーザー搭載ドローン」が完成

WIRED WIRED

記事詳細

更新


フェイスブック、地上にインターネットを届ける「レーザー搭載ドローン」が完成

 フェイスブックは、レーザーと無線信号を組み合わせて上空から地上にインターネットを届けるドローンの最初の1機が完成したと発表した。レーザーは、10Gbpsでデータを伝達できるという。

画像はすべてUS版『WIRED』記事より。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは7月30日(米国時間)、レーザーと無線信号を組み合わせてソーラーパワーで地上にインターネット接続を届けるドローンの開発プロジェクトに大きな進展があったと発表した

「Internet.orgの取り組みの一環である航空機『Aquila』の、フルヴァージョンの最初の1機が完成したことを発表できてうれしく思っています」とザッカーバーグ氏は書いている。「Aquilaは、空から地上にインターネットを届けるソーラーパワーの無人機です。ボーイング737と同等の翼幅を持ちながら、重量は自動車より軽く、連続して何カ月も飛ぶことができます。また、レーザー通信技術のブレークスルーを達成し、10Gbpsでデータを伝達できる新しいレーザーのテストに成功しました。これまでのどのシステムよりも10倍以上高速な通信で、10マイル(16km)以上離れた10セント硬貨サイズの目標に正確に接続できるものです」

当然、この“10Gbps”は複数のユーザーが共有することになるが、これにより、たくさんの人がインターネットにつながるようになる。

このニュースの写真

  • フェイスブック、地上にインターネットを届ける「レーザー搭載ドローン」が完成

WIRED関連ニュース