産経ニュース

「ネットで知り合って結婚」は全体の3分の1 現実世界より離婚も少なく

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「ネットで知り合って結婚」は全体の3分の1 現実世界より離婚も少なく

 2005年以降に結婚した人たちの1/3は、オンラインで知り合っているという調査結果が発表された。しかも、オンラインで出会ったカップルのほうが離婚率は低く、結婚後の満足度も高いという。

Image:Don Hankins/Flickr

 米国で2005年以降に結婚した人の1/3はオンラインで知り合い、そのうちのほぼ半数は、マッチングサイトを通じて出会っていたという調査結果が発表された。さらに、オンラインでの出会いから始まった夫婦は離婚が少なく、結婚生活にも満足しているという

 この数字は、インターネット・マッチングサイト「eHarmony」がスポンサーになって行われた調査によるものだ。

 研究に添付されている「conflict of interest statement」(研究の客観性に影響がある可能性がある状況の説明)によると、この調査に関わったグループには、eHarmonyの科学アドバイザーが含まれていたという(eHarmonyは、心理学的に有効性が証明された性格診断を基にマッチングを提案すると広告で謳っている)。だが調査グループは調査を行う前に、どのような結果が出ようとも彼らの分析結果を公表することをeHarmonyに約束させ、さらに外部の統計学者に調査の有効性をチェックしてもらったという

オンラインゲームで知り合ったという回答も3.6%

WIRED関連ニュース