産経WEST

うめきた

うめきた

トップニュース

更新

うめきた2期 魅力ある「緑」で都市競争力高めよ

 「関西最後の一等地」と言われ続けた梅田北ヤード再開発の最終最後となるJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」(大阪市北区、約16ヘクタール)の開発事業者が三菱地所やオリックス不動産、阪急電鉄などを中心としたグループに決まった。今回のまちづくりのコンセプトは「希望の杜(もり)」。敷地中間部に整備される約4・5ヘクタールの都市公園に加え、民間開発の南北の商業施設や2棟の高層マンション、3つの宿泊施設なども緑化が施され開発エリアの半分(約8ヘクタール)が豊かな緑に覆われる。【続きを読む】

この特集の写真

  • 【西論】うめきた2期 魅力ある「緑」で都市競争力高めよ
  • うめきたガーデン復活 高校ダンス、十勝グルメも
  • 【ビジネスの裏側】大阪最後の一等地「うめきた2期」 緑は採算性を乗り越えるか
  • 【経済裏読み】JR大阪駅前「うめきた2期」再開発は六本木ヒルズを超えるか
  • 「うめきた2期」購入価格は1777億円
  • 「うめきた2期」開発で健康・医療の新産業創出へ 三菱地所「スポーツなど実験イベントも」
  • 「うめきた2期」開発で大阪・梅田の都心部に大規模な緑地 芝生広場で野外イベントも
  • 「うめきた2期」開発で大阪・梅田は爆発的に進化 鉄道新駅を建設、IR・万博誘致とも連動
  • 「うめきた2期」開発 オリックス不動産陣営が落札 関西の新たな玄関口に
  • 生駒山上遊園地に新たな絶景…欧州の気品アジサイ「マリーアントワネット」咲き始める うめきたガーデンから寄贈

この特集のニュース

「産経WEST」のランキング