産経WEST

ノーベル賞

ノーベル賞

 2014年のノーベル賞は、青色LED開発で世界の照明に“革命”を起こした中村氏ら3氏に物理学賞が贈られた。

トップニュース

更新

湯川博士、研究没頭の姿-日記、ネットで公開 ノーベル賞受賞理由「中間子論」発展させた時期

 日本人で初めてノーベル賞を受賞した物理学者・湯川秀樹博士(1907~81年)の日記のうち、大阪帝大(現大阪大)の助教授だった昭和13(1938)年に書かれた内容が、京都大と大阪大のホームページで公開されている。湯川氏は当時31歳で、京大は「研究に没頭し議論を深めていく姿が見て取れる」としている。【続きを読む】

この特集の写真

  • 湯川博士、研究没頭の姿-日記、ネットで公開 ノーベル賞受賞理由「中間子論」発展させた時期
  • ノーベル平和賞メダルのレプリカ公開 広島原爆資料館
  • ノーベル文学賞・イシグロ氏に長崎の名誉県民・市民称号贈呈へ 7月にも
  • 広島・長崎などの「高校生平和大使」、平和賞候補に ノーベル委が正式通知
  • ノーベル平和賞・ユヌス氏が原爆慰霊碑に献花 広島
  • ノーベル文学賞のイシグロ氏、故郷・長崎の名誉市民に 「ありがたい」と受け入れの意向
  • ノーベル文学賞のイシグロ氏手紙を公開、長崎県庁に拡大パネル
  • 世界を逆さに見てみると イグノーベル賞の東山さん、小学生に特別授業
  • 【関西の議論】「矢張りどうしても行きたくない」ノーベル賞の湯川博士、日記に残した“栄転”拒否の秘めた心情
  • ノーベル平和賞受賞ICAN事務局長が献花 原爆慰霊碑、広島初訪問

この特集のニュース

「産経WEST」のランキング