産経WEST

ノーベル賞

ノーベル賞

 2014年のノーベル賞は、青色LED開発で世界の照明に“革命”を起こした中村氏ら3氏に物理学賞が贈られた。

トップニュース

更新

「矢張りどうしても行きたくない」ノーベル賞の湯川博士、日記に残した“栄転”拒否の秘めた心情

 昭和24(1949)年に日本人で初めてノーベル賞を受賞した物理学者、湯川秀樹・元京都大教授(1907~81年)。生誕110年を迎えた平成29年末、終戦前後に記した未公表の日記の内容が明らかになった。原爆研究にかり出され、激動の時代を苦悩の中で生き抜いた世界的科学者。終戦後しばらくは沈黙を守っていた博士らしく、日記は淡々と記され内面をうかがい知ることは困難だが、唯一ストレートに心情が表れる記載があった。「(東京へは)どうしても行きたくない」。博士の脳裏に去来したものは何だったのか。【続きを読む】

この特集の写真

  • 【関西の議論】「矢張りどうしても行きたくない」ノーベル賞の湯川博士、日記に残した“栄転”拒否の秘めた心情
  • ノーベル平和賞受賞ICAN事務局長が献花 原爆慰霊碑、広島初訪問
  • 【沈黙の科学者】ノーベル賞湯川博士の終戦前後の日記見つかる 原爆研究に関与の記述も
  • 【ノーベル賞】核廃絶ICANに平和賞…「被爆ピアノ」響く オスロでコンサート
  • ICANにノーベル平和賞授与、核廃絶「新たなスタート」 広島、長崎に喜び広がる
  • 【チャイム】ノーベル平和賞祝うキャンドル千本 広島
  • 「ノーベル賞の酒」世界が酔いしれ 神戸の酒造会社「灘の酒」を今年も提供
  • ノーベル賞「イシグロ文学」熱気続く 異例115万部増刷、書店売上1位「日の名残り」堅持「国内人気作家並み人気」
  • 賞金はノーベル賞の「3倍」 ブレークスルー賞受賞で森京大教授「アメリカンドリームの日本版だ」
  • 胎内被爆の実情をアピールしたい…ICANのノーベル平和賞「原爆胎内被爆全国連絡会」代表世話人、香川の好井さんがツアー参加前に意気込み

この特集のニュース

「産経WEST」のランキング