産経WEST

西論

西論

さまざまなテーマを、関西の視点でつづる硬派コラム。“もう一つの「正論」”です

トップニュース

更新

うめきた2期 魅力ある「緑」で都市競争力高めよ

 「関西最後の一等地」と言われ続けた梅田北ヤード再開発の最終最後となるJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」(大阪市北区、約16ヘクタール)の開発事業者が三菱地所やオリックス不動産、阪急電鉄などを中心としたグループに決まった。今回のまちづくりのコンセプトは「希望の杜(もり)」。敷地中間部に整備される約4・5ヘクタールの都市公園に加え、民間開発の南北の商業施設や2棟の高層マンション、3つの宿泊施設なども緑化が施され開発エリアの半分(約8ヘクタール)が豊かな緑に覆われる。【続きを読む】

この特集の写真

  • 【西論】うめきた2期 魅力ある「緑」で都市競争力高めよ
  • 【西論】NIEと災害 新聞の記録性生かした防災教育を
  • 【西論】大阪が目指すIR 拙速避け地域振興に全力を
  • 【西論】「森友」国側不起訴 疑惑のブラックボックス化避けよ
  • 【西論】原爆の日 国を危うくする理想と現実の逆転
  • 【西論】西日本豪雨災害 超広域被害、震災支援の知見生かせ
  • 【西論】サッカーW杯 4年後へ 日本人の若手指導者育てるとき
  • 【西論】神戸市教委いじめメモ隠蔽 「子供第一」教育者の原点に返れ
  • 【西論】大阪北部地震の教訓 もろい都市機能、自ら守る備えを
  • 【西論】日大タックル問題 悪質指導 排する統一資格制度を

この特集のニュース

「産経WEST」のランキング