産経WEST

写真詳細 - 産経WEST

産経WEST 産経WEST

【軍事ワールド】21世紀のいま求められる「戦艦」とは… 「カギは残存性」 過去の遺物が最新鋭に

ニュース写真

  • 昭和16年12月、公試運転中の「大和」=季刊「丸」(潮書房)
  • 過去の「戦艦」の巨砲に変わる役割を果たすのが、イージス艦のVLS(垂直ミサイル発射装置)。並んだ小さい蓋(ふた)の下に各種ミサイルが立てた状態で格納されている(2002年、岡田敏彦撮影)
  • 海上自衛隊のイージス艦(写真は「みょうこう」)。レーダーとミサイルを駆使する視程外での戦闘が主目的で、「打たれ強さ」はかつての戦艦には及ばない。艦の規模もかつての軽巡~重巡並だ(2002年7月、岡田敏彦撮影)
  • 海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」。砲は写真中央に見える127ミリ速射砲1門で、46センチ砲9門を搭載した第二次大戦時の大和や武蔵とは全く性格を異にする(2002年、岡田敏彦撮影)