産経WEST

写真詳細 - 産経WEST

産経WEST 産経WEST

【防災最前線・動画】“万が一”は起きる-被曝事故対応、福島原発事故でも活動「放医研・REMAT」、“最後の砦”へ備え

ニュース写真

  • 放射線の測定器を手にする放医研職員。立崎被ばく医療センター長は、「原発が再稼働するかどうかにかかわらず、事故が起こる可能性を前提に、資機材の準備や能力の維持を続けていく」と語る=千葉市稲毛区
  • 防護服を着用
  • 除染台
  • REMATの救急車
  • REMAT専用救急車で患者の搬送訓練が行われた
  • 医療施設内の処置エリア。被曝した負傷者の治療は、防護服着用の上、線量を測定しながら行われる
  • 緊急時持ち出し用救急鞄
  • 体表面汚染モニタ
  • α線スペクトロメータ