産経WEST

写真詳細 - 産経WEST

産経WEST 産経WEST

【坂口至徳の科学の現場を歩く】筋肉が萎縮…難病「筋ジストロフィー」解明 阪大、「インターロイキン6」多量な分泌で重症化

更新 【坂口至徳の科学の現場を歩く】筋肉が萎縮…難病「筋ジストロフィー」解明 阪大、「インターロイキン6」多量な分泌で重症化

筋強直性ジストロフィーの骨格筋(図下)では、繰り返し配列(CTG)が正常(図上)に比べ、伸長している。このため、リン酸化酵素の遺伝子(DMPK遺伝子)にある塩基がメチル化(メチル化CpG、黒丸)されやすくなり、DNAをコピーしたメッセンジャーRNAの異常なパターンが増える。この結果、IL6が多く作られ、筋萎縮につながる(大阪大学提供)