産経WEST

写真詳細 - 産経WEST

産経WEST 産経WEST

【軍事ワールド】斜陽の英国海軍、唯一の空母を売却へ 2023年まで海軍戦闘機ゼロ? 栄光の艦隊はどこへいく

ニュース写真

  • かつて英国海軍の空母で運用されていたホーカー・シーホーク艦上戦闘機(手前)とフェアリー・ガネットAEW.3艦上早期警戒機(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ブラジルへの売却問題が取りざたされている英国海軍のHMSオーシャン(英国海軍HPより)
  • フォークランド紛争で英軍の大黒柱となったシーハリアー艦上戦闘機。短距離離陸垂直着陸(STOVL)機としての特徴を生かし、艦隊防空を担った(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • HMSオーシャンとほぼ同規模の船体を持つ海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」のエレベーター。船内に収容したヘリコプターを甲板にあげる役割を持つ(2014年2月、岡田敏彦撮影)
  • スエズ動乱で実戦導入されたウエストランド・ワイバーン艦上戦闘攻撃機。約130機量産されたが、現存するのは写真の試作機1機だけ(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 英国製のパップ戦闘機。英国海軍航空隊(FAA)は第一次大戦の複葉機の時代から、多種多様な航空機を運用した(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • ネルソン提督が率いた英国海軍がトラファルガー海戦で圧勝したことを記念し、英ロンドンに建立されたネルソン記念柱(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • 海上自衛隊のヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」。HMSオーシャンとほぼ同規模の船体を持つ(2014年2月、岡田敏彦撮影)
  • 世界的ベストセラーとなった米マクダネル・ダグラスF-4ファントムⅡの英国海軍版として、英ロールス・ロイス製エンジンを搭載した「F-4K」(2002年10月、岡田敏彦撮影)
  • イギリス海軍初の実用艦上ジェット戦闘機、スーパーマリン・アタッカー。第二次大戦後、木製の戦闘機モスキートやミーティア戦闘機を艦上運用しようと多くの試行錯誤が行われた(岡田敏彦撮影)
  • 冷戦時代の英国海軍航空隊を代表する艦上攻撃機ブラックバーン・バッカニア。レーダー網をかいくぐる低空高速侵入のための工夫が機体各所に凝らされている(20002年10月、岡田敏彦撮影)