産経WEST

写真詳細 - 産経WEST

産経WEST 産経WEST

【参院選】「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

更新 【参院選】「正直、政党ごとの主張や目標よく分からなかった」「当選した人は責任を持って」…18、19歳の若者は何を託したのか

初めての投票を終え、証明書を手にする高校3年生の三町薫乃さん(18)。合区には反対で「1票の格差はあるが、地元の人を選べる選挙にしてほしい」と話した=10日午後、松江市

ニュース写真

  • 大阪市の投票所で、母親(左)と一緒に投票する大学1年生の清水優希さん(18)。昨年の大阪都構想の住民投票にも関心があった。初めての選挙に「参加できたかなという気持ち。1票の重みを感じた」と振り返った=10日午前
  • 愛知県清須市の投票所で1票を投じる高校3年生の名和亜寿香さん(18)。「来年から大学生になるので、政府には返済不要の給付型奨学金制度を実現してほしい。投票はあっという間だったけど、自分の意見が伝われば」との思いを込めた=10日午後
  • 初めての投票を終え、「投票済証」を手に、ツイッターへ投稿する写真を撮影する名和亜寿香さん(18)。「来年から大学生になるので、政府には返済不要の給付型奨学金制度を実現してほしい。投票はあっという間だったけど、自分の意見が伝われば」と思いを述べた=10日午後、愛知県清須市
  • 京都市の投票所に向かう大学1年生の佐伯詩織さん(18)。どの党の政策も同じように見え、誰に1票を投じるか悩んだが「投票で自分が選んだという自覚と責任感が生まれました」と話した=10日午後