産経WEST

滋賀県、県立高エアコン整備前倒し 補正予算提出へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


滋賀県、県立高エアコン整備前倒し 補正予算提出へ

 滋賀県は11日、県議会9月定例会議(18日開会)に提案予定の24議案を発表した。平成31~32年度に予定していた県立高校22校のエアコン整備を今年度中に前倒しして実施するほか、災害関連費用などが盛り込まれた約7億6千万円の今年度一般会計補正予算案などを提出する。

 今夏の猛暑を踏まえ、県は今年度中にエアコンを整備する県立高校を4校から26校に拡大。追加された22校は、当初31~32年度に予定されていた整備時期を前倒しする。

 これに伴い、30~43年度に、約36億3900万円を限度額とする債務負担行為を新たに設定。議会初日の18日に即日採決される見込み。

 県教委によると、これまでに県立高校20校(うち17校は普通教室のみ)と特別支援学校4校にエアコンが設置され、今年度も計14校で整備中。今回の前倒しですべての県立学校でエアコンが設置されることになる。

 今年度一般会計補正予算案には、中山間地域の農産物生産販売支援(約2600万円)や県立プール整備事業への財政支援(約3300万円)などに加えて、米原市の突風による被災者への補助(440万円)や、民間のブロック塀の耐震対策工事への補助(150万円)なども盛り込まれた。

 このほか、29年度一般会計、特別会計などの決算認定や、法改正に伴う条例改正案なども提出される。

「産経WEST」のランキング