産経WEST

【石野伸子の読み直し浪花女】小松左京・不滅のSF魂(1)トランプ大統領誕生40年前に「予言」 復活の日、さよならジュピター…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【石野伸子の読み直し浪花女】
小松左京・不滅のSF魂(1)トランプ大統領誕生40年前に「予言」 復活の日、さよならジュピター…

旺盛な好奇心で多彩な活動を展開した小松左京 旺盛な好奇心で多彩な活動を展開した小松左京

 小松左京(こまつ・さきょう)のSF作品の復刊が相次いでいる。

 昨年12月、文春文庫で出た短編集「アメリカの壁」は35年ぶりの復刊。続いてことし1月には、早川書房から「復活の日」がハードカバーで復刊され、この「復活の日」はその後5月にハルキ文庫で、8月には角川文庫で新装版として相次いで復刊された。

 「復活の日」は昭和39(1964)年、今から54年も前に早川書房から出版されたものだ。「日本アパッチ族」に続く小松左京のSF長編第2作。まだパンデミック(感染症の大流行)という言葉が世に知られない時代に、細菌兵器の流出による人類滅亡を描いて大きな話題を呼んだ。昭和55年にはデビューまもない草刈正雄の主演で映画化され、オリビア・ハッセー、チャック・コナーズなどハリウッドスターも出演して大ヒットした。

 さらに6月には小松左京の最高傑作とファンの多い「果しなき流れの果に」もハルキ文庫から復刊した。

 なぜいま小松左京なのか。

 小松は昭和6(1931)年大阪で生まれ、京都大学文学部を卒業後、経済誌の記者やラジオの漫才台本作家などをへて昭和36年、30歳でデビューした。発刊まもない「SFマガジン」主催の第1回空想科学小説コンテストに短編「地には平和を」を応募したのがきっかけだったがデビューと同時に、「日本アパッチ族」「復活の日」など話題作を相次ぎ発表。日本のSF界をリードした。

 作家活動だけでなく、多彩な活動を繰り広げた。昭和45(1970)年の大阪万博や平成2(1990)年の「国際花と緑の博覧会」など国家規模のイベントにおけるプロデュース活動、「さよならジュピター」の映画製作、幅広い評論活動など、旺盛な好奇心で時代を駆け抜けた異才ぶりは記憶に新しい。平成23(2011)年7月、80歳で死去。ことしは没後7年。その小松のSF魂が復活の機運をみせているのだ。

 ひとつのきっかけが米国のトランプ大統領誕生、というのがいかにも小松左京らしい。話がグローバルでジャーナリスティック。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング