産経WEST

【パインアメ 長く愛して(3)】社長修業中に大損… 経験が前進する力に パイン社長、上田豊さん

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【パインアメ 長く愛して(3)】
社長修業中に大損… 経験が前進する力に パイン社長、上田豊さん

社長に就任した翌年、入社式であいさつに立つ上田豊さん=平成4年(パイン提供) 社長に就任した翌年、入社式であいさつに立つ上田豊さん=平成4年(パイン提供)

 --大きな失敗をした後です。気後れはしませんでしたか

 上田 リスクはチャンスだと思っています。いろんな経験をしていくことが、わが社が前を向いていく原動力になります。無事平穏というのが一番危険です。どこかに落とし穴はないかと、じっと観察してリスクを予感する。それに対して何かを変えて、毎日を活性化していくことで、事業が継続していきます。

     

【プロフィル】上田豊(うえだ・ゆたか) 昭和24年11月28日、大阪市生まれ。47年に慶応義塾大経済学部を卒業し、食品商社に勤務。50年、父親が創業したパインに入社。常務、専務などを歴任し、平成3年4月から社長。27年から全国飴菓子工業協同組合理事長を務める。

「産経WEST」のランキング