産経WEST

【関西の力】王国誕生(3)阪神・阪急沿線は名作の舞台 谷崎潤一郎、村上春樹、手塚治虫ら育んだ土壌、文化に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の力】
王国誕生(3)阪神・阪急沿線は名作の舞台 谷崎潤一郎、村上春樹、手塚治虫ら育んだ土壌、文化に

 阪急電鉄、阪神電鉄が結んだ大阪-神戸間の沿線は、大阪と神戸の文化が混じり合い、明治後期から昭和初期にかけ、西洋文化の影響を受けた「阪神間モダニズム」と呼ばれる文化が発展。伝統に縛られない自由な雰囲気のなか、手塚治虫、村上春樹といった多くの文化人の才能を育む土壌となった。

阪神間で暮らした主な文化人 阪神間で暮らした主な文化人

「細雪」生む

 阪神間に暮らした文化人といえば、神戸や芦屋に移り住んだ文豪、谷崎潤一郎が代表格。昭和初期には当時、新聞記者をしていた井上靖も西宮に住み、谷崎から新聞に掲載する原稿を受け取っていたという。

 昭和8(1933)年には、「鉄腕アトム」や「リボンの騎士」など数々の名作を残した漫画界の巨匠、手塚治虫の一家が阪急沿線の兵庫県宝塚市に移住し、宝塚新温泉や遊園地、歌劇に親しむ。

▼【関西の力】王国誕生(1)宝塚歌劇場、甲子園球場…まちづくりは私鉄が原動力 今に続く経営モデル

 手塚作品に登場する未来都市のイメージは、当時の阪急の駅から着想を得たといい、リボンの騎士は歌劇の影響を受けているという。「関西文学」の編集長などを務めた文化プロデューサー、河内厚郎さんは「手塚治虫はまさに阪急沿線の申し子だ」と話す。

 毎年のようにノーベル文学賞候補に目される作家、村上春樹も少年時代を阪神間で過ごし、主に阪神沿線で育った。エッセーでは自らを「阪神間少年」と称している。当時西宮にいた洋画家、須田剋太に絵を習い、宝塚までピアノを習いに行くなど、少年時代から文化的な環境に恵まれた。

 村上は大学入学とともに上京するが、その作品には、夙川や甲山、西宮神社など、阪神間の風景とみられる場面が多数登場する。

 近年でも、映画化もされた有川浩の小説「阪急電車」や西宮市出身の小説家、谷川流原作の「涼宮ハルヒ」シリーズのアニメに阪急沿線の風景が描かれるなど、沿線が描かれる小説や映画、アニメ作品なども少なくない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 王国誕生(3)阪神・阪急沿線は名作の舞台 谷崎潤一郎、村上春樹、手塚治虫ら育んだ土壌、文化に
  • 王国誕生(3)阪神・阪急沿線は名作の舞台 谷崎潤一郎、村上春樹、手塚治虫ら育んだ土壌、文化に

「産経WEST」のランキング