産経WEST

【宝塚歌劇団】「うれしさと不安、責任」 月組新人公演主人公演じた男役スター、暁千星

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【宝塚歌劇団】
「うれしさと不安、責任」 月組新人公演主人公演じた男役スター、暁千星

宝塚歌劇団月組の新人公演「エリザベート」で主人公のトートを演じた暁千星(右)と相手役の美園さくら 宝塚歌劇団月組の新人公演「エリザベート」で主人公のトートを演じた暁千星(右)と相手役の美園さくら

 美園は、本公演の東京公演千秋楽(11月18日)付で退団する愛希(まなき)れいかの後任として、次期娘役トップに就任することが発表されている。「素晴らしい愛希さんの役を演じる責任をこれまで以上に感じています」と話していた。

 本公演で役替りでルドルフを演じるルキーニ役の風間柚乃(かざま・ゆの)、フランツ役の輝生(きお)かなで、ゾフィー役の麗泉里(うらら・せんり)、男役ながら妖艶なマダム・ヴォルフを演じた蘭世惠翔(らんぜ・けいと)ら多くのメンバーが印象を残し、質の高い新人公演となった。

 東京宝塚劇場での新人公演は11月8日に行われる。

このニュースの写真

  • 「うれしさと不安、責任」 月組新人公演主人公演じた男役スター、暁千星

「産経WEST」のランキング