産経WEST

兵庫・尼崎市立小の教諭がUSBメモリ紛失 児童の通知表評価など

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


兵庫・尼崎市立小の教諭がUSBメモリ紛失 児童の通知表評価など

 尼崎市教委は10日、市立立花北小学校の20代の男性教諭が児童28人分の個人情報を記録したUSBメモリーを紛失したと発表した。情報漏洩(ろうえい)などの被害は確認されていない。 

 市教委によると、USBには児童28人分の名字と通知表の所見などが記録されていた。男性教諭は先月26日に加古川市内の実家でUSBを使って作業。同28日に職員室で仕事をしようとしたところ、USBがないことに気づいたという。男性教諭は対象児童の保護者を家庭訪問して謝罪した。

 市教委は個人情報の入ったUSBを外部へ持ち出すことを禁止しており、学校教育課は「個人情報の扱いに関する研修を改めて行い、危機意識を高める」としている。

「産経WEST」のランキング