産経WEST

【軍事ワールド】戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【軍事ワールド】
戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI

長きにわたって日本の空を守ってきたF-15J戦闘機(岡田敏彦撮影) 長きにわたって日本の空を守ってきたF-15J戦闘機(岡田敏彦撮影)

 航空自衛隊の主力戦闘機「F-15Jイーグル」が最新仕様にアップグレードされることが事実上決定した。昭和56(1981)年に導入が始まって以来、日本の空を守る主役として飛び続けてきたが、いまやゲーム機やスマートフォンにも劣る性能の電子装備などを、最新仕様に更新するのだ。こうした“旧式機”を蘇らせるための近代化改修や寿命延長改造はいまや世界の軍隊のトレンドともいえる。日本の社会構造同様「高齢化」する軍用機の世界での対策とは-。(岡田敏彦)

 中身を一新

 改修計画は平成31(2019)年度概算要求の概要」として防衛省が8月末に発表した。F-15戦闘機については、長距離巡航ミサイルJASSM(ジャズム)などスタンド・オフ・ミサイルの搭載を含む機体改修と電子戦能力の向上として2機改修に101億円、また設計変更など関連経費で439億円を計上している。

 JASSMは射程約900キロで、正式名称は「AGM-158 Joint Air-to-Surface Standoff Missle」。導入の構想は数年前からあり、小野寺五典(いつのり)防衛相は昨年末、「相手の探知範囲や射程の圏外から日本に侵攻する部隊に対処することで、より効果的かつ安全に作戦を行えるようになる」と導入理由を説明。「専守防衛」に反しないと強調していた。

 この改修は、JASSMが最新鋭である一方で、それを搭載するF-15J戦闘機には大幅なアップグレードが必要なことを示している。F-15Jは1970年代に開発されており、最も問題なのは電子装備の旧式化とされている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI
  • 戦闘機も高齢化社会 進む軍用機の“寿命”延長計画 次はAI

関連ニュース

「産経WEST」のランキング