産経WEST

【永井豪インタビュー(上)動画】デビュー作から描き下ろしまで「過去最大の展示内容がそろった」 「永井豪(GO)展」開幕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【永井豪インタビュー(上)動画】
デビュー作から描き下ろしまで「過去最大の展示内容がそろった」 「永井豪(GO)展」開幕

永井GO展を訪れ、再現されたデビルマンTVアニメのエンディングシーンの前でポーズをとる永井豪さん=大阪市港区の大阪文化館・天保山(奥清博撮影)(C)1967-2018 Go Nagai/Dynamic Production 永井GO展を訪れ、再現されたデビルマンTVアニメのエンディングシーンの前でポーズをとる永井豪さん=大阪市港区の大阪文化館・天保山(奥清博撮影)(C)1967-2018 Go Nagai/Dynamic Production

 「デビルマン」や「マジンガーZ」、「キューティーハニー」など、数多くのヒット作品を生んだマンガ家、永井豪(73)の画業50年突破を記念する展覧会「永井GO展」が、大阪市港区の大阪文化館・天保山で開幕した。直筆マンガ原稿やカラーイラスト、スケッチなど600点以上が並ぶ同展は9月24日まで開催されている。SFからバイオレンス、学園もの、ギャグまでジャンルを越えて広がるイマジネーションと半世紀におよぶキャリアについて、会場を訪れた永井豪さんに聞いた。

生原稿のエネルギー感じて

 --会場を見た感想を

永井 こうして見ると、ものすごくバラエティーに富んだ内容になっていて、われながらいろいろなことをやってきたなぁ、と驚きます。本当に、よくがんばったなぁと。ひさしぶりに見る原稿もたくさんありました。過去の展示会の中でも最大の展示内容がそろった、と思っています。

 --生原稿もたくさんあります。ペン運びや下描きのあとを見ると、不眠不休の現場の勢いが伝わってくるようです

 永井 寝る時間がなくて1日10分睡眠のときもありました。「10分たったら起こして」と言ったまま気を失ったり(笑)。原稿にも、当時のそんなエネルギーが残っているな、と思います。特に若いころの原稿は、下手くそだけど、エネルギーが染みついている、と感じました。

続きを読む

このニュースの写真

  • デビュー作から描き下ろしまで「過去最大の展示内容がそろった」 「永井豪(GO)展」開幕

関連ニュース

「産経WEST」のランキング