産経WEST

【関西の力】王国誕生(2)関西私鉄は「官に対抗」が原動力 運賃や駅数…激動の阪神間

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の力】
王国誕生(2)関西私鉄は「官に対抗」が原動力 運賃や駅数…激動の阪神間

 大阪-神戸間はJR、阪神、阪急の3社が競う鉄道激戦区だ。官設鉄道を補完するようなかたちで成長したとされる首都圏の私鉄と異なり、関西私鉄は「VS官設鉄道」という対抗意識が成長の原動力となった。「名を捨てても実を取る」-。こうした私鉄の気概が現在でも、JRへの対抗意識として息づいている。

競合する阪急、阪神、JRの3路線 競合する阪急、阪神、JRの3路線

「綺麗で早うて。ガラアキで 眺めの素敵によい涼しい電車」

 官設鉄道が走る路線に参入を目指していた阪神は難題に直面していた。明治26年に設立した前身の「神阪電気鉄道」が計画した大阪-神戸間の鉄道計画を当時の逓信(ていしん)省が認可しなかったのだ。阪神は妙案で対抗する。当時、道路の上に線路をつくる路面電車は「軌道」として内務省が管轄していた。阪神は鉄道ではなく軌道として特許を申請。路面電車として営業するということにしたのだ。

 明治38(1905)年の開業区間にはごく一部の軌道区間があったが、実態はほぼ鉄道。軌道という名目で“実”をとった。

▼【関西の力】王国誕生(1)宝塚歌劇場、甲子園球場…まちづくりは私鉄が原動力 今に続く経営モデル

 この後、関西各地にこうした「軌道」が乱立。大正9年に神戸線を開通した阪急も、そのひとつだった。

 阪急の前身、箕面有馬電気軌道は「綺麗で早うて。ガラアキで 眺めの素敵によい涼しい電車」というキャッチフレーズで対抗する。阪急の担当者によると、「先行する他社に対抗し、スピードを売りにしようと駅数を絞り、社名も『阪神急行電鉄』と改名したほど」だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 王国誕生(2)関西私鉄は「官に対抗」が原動力 運賃や駅数…激動の阪神間
  • 王国誕生(2)関西私鉄は「官に対抗」が原動力 運賃や駅数…激動の阪神間

関連ニュース

「産経WEST」のランキング